ダイエット 糖質制限 食事制限

宴会シーズン到来!年末年始を太らずに過ごす心構えとダイエットのやり方

投稿日:2019-11-02 更新日:

年末恒例の宴会太りを防ぐ秘訣とは?

これからはクリスマスに忘年会や新年会など、宴会が続く年末年始を迎えます。

寒い冬で運動不足のところにもってきて、連日の飲み会がたたり、この時期に太る人は多いのではないでしょうか。

そんなことを気にする時期となってきましたので、今回は最大19キロまで痩せた私が、宴会シーズンに太らなくなる方法をお知らせします。

実は19kgまでやせたものの、令和元年10月からは体重が6kg増えてリバンド中です。必死こいて元に戻そうとダイエット(月間100kmのジョギング)をしてるんですが、なんせお酒が好きなものですから思い通りに痩せてきません。

朝昼晩の3食は必ず食べる

今年(平成31年)は元旦から10kmのジョギングをしました。なぜなら年末に体重を計ったら3キロ太っていました。だから元旦早々に10㎞ものジョギングを行いました。このままだと来年の元旦も走ることになるでしょう。

去年はジョギングで体重を元に戻しました。皆さんは私のように元旦から10Kmものジョギングをしなくてもいいように、宴会太り対策をしておきましょう。

連日の宴会の影響でやりがちなダイエットが「飲み会の前日や翌日に食事を抜くことです」。ガッツリ飲み食いした翌日の朝食や昼食を抜いたことがある人は多いと思います。中には朝昼両方抜くなんて人もいることでしょう。

しかし、これが一番ダメなダイエットの代表例です。人間は朝から何も食べないと、体は「飢餓モード」に入ります。この状態で次にごはんを食べてもその食事はエネルギーとしては使わなくなり、飢餓状態に備えて脂肪をため込もうとします。

食事を食べないのは逆に太るんです。このため、食事を抜いて一時的に体重が減っても、それは食べない分の量だけ軽くなっただけです。

お腹ペコペコ状態を続けると体は、勝手に脂肪をつけてくるんです。大きなお世話ですけど、これが人体のしくみです。
宴会シーズンだからといって、何度も食事を抜くのは避けてください。3食食べるのは基本ですのでしっかり食事は食べましょう。

宴会太り防止にはやっぱり和食

食べ物は魚をメインにします。そして脂肪の分解を早める大豆や海藻、緑黄色野菜を使った料理を積極的にとりましょう。魚や大豆、サラダなら胃にも優しいです。

中には私のようにダイエットのため、炭水化物を抜く人も多くいるのではないでしょうか。しかし炭水化物を完全に抜くのもリバウンドしやすいです。ほどほどの糖質制限がベストです。

宴会の前後は腹7分目が正解

オススメなのはご飯を茶碗に半分にします。とりあえずご飯は小麦粉を使ったパンなどより脂質が少ないです。パンよりはごはんがいいです。さらに宴会の3日前ぐらい前から食事量を6~7分目にとどめておきます。

お腹いっぱい食べないコツは下記の記事に書いてあります。

これを宴会の翌日まで続けます。腹6分目なら糖質と脂質を食べても大丈夫です。

最後に、まず宴会以へは空腹で行かないことですね。空服の状態から一気に食べると、血糖値が急激に上がります。するとそれを抑えるために、糖質を一次的に的に細胞内に取り込む活動が始まります。

そして、細胞で使われなかった糖質は、脂肪となって蓄積されます。ですので、宴会前は軽く何か食べておくと、脂肪になりにくいです。悪酔いをする確率も減ります。

時には我慢も必要

最後に宴会では脂肪の吸収を抑えてくれる野菜をしっかり食べましょう。とくにキャベツがいいです。食物繊維は胃の中で膨れてくれて満腹感がでます。それと枝豆もいいです。また刺身がヘルシーで代謝を促進するビタミンB群が豊富です。

締めのラーメンは太るし二日酔いの原因になる

締めのラーメンを食べなければ宴会太り対策は成功です。でも私は締めのラーメンはやめられません。ですので、その分のカロリーはジョギングで消費しています。

いかがでしたでしょうか?年末年始は食事内容と量を見直して宴会シーズンを乗り切りましょう。

HMBマッスルプレス

-ダイエット, 糖質制限, 食事制限

Copyright© 本当に効果があるダイエット成功情報 , 2020 All Rights Reserved.