お茶ダイエット フィットネス 健康全般

コーヒー緑茶を飲むだけで痩せた人が続出!1ヵ月で6.2キロの減量に成功!減量専門の医師が開発したダイエット法

投稿日:2019-01-21 更新日:

ダイエットは苦行難行です。

食事制限、糖質制限、ジョギング、ウォーキング・・・。

カロリーや糖質を気にして朝、昼、晩と食べる量を減らし、時間を使って有酸素運動までやる必要があります。

そんなツラ過ぎる「王道ダイエット」はやりたくないっ!てあなたに、緑茶ダイエットと飲むだけでやせると話題の緑茶コーヒダイエットを紹介します。

お茶のダイエット効果

お茶(緑茶)のダイエット効果には定評があります。緑茶に含まれる成分「カテキン」は、ダイエット(脂肪燃焼)に有効だと言われています。

緑茶が瘦せると世間に広まったのは、「特定保健用食品(トクホ)」の冠がついた「ヘルシア緑茶」の影響が大きいのではないでしょうか。

ヘルシア緑茶のWEBサイトには、「緑茶に含まれるカテキンが脂肪を分解して脂肪を減らすのを助ける」と書かれています。

コンビニや薬局でどの緑茶を買うか迷ったときは、ヘルシア緑茶を買う機会が多いです。ちょっと高いですけど。

緑茶を飲むだけでは瘦せる?

みんながみんな緑茶を飲んだだけで痩せるというわけではないものの、緑茶に含まれる成分が「脂肪の分解や消費を促す」効果がありますので、適度な有酸素運動と組み合わせて緑茶をタイミングよく飲めば、効率的にやせる可能性が高まります。

緑茶を飲むだけで痩せるのはこんな人

それでも人によっては緑茶を飲むだけで痩せる人は実際にいます。それはどんな人なんでしょうか?

緑茶で痩せるタイプの方は「ジュースをよく飲む人」です。日頃から「コカ・コーラ」などの「清涼飲料水」を飲む人は、ジュースから緑茶に変えるだけOKです。

それだけで体重は落ちます。当然といえば当然なんですが、摂取する糖質やカロリーが減りますんで痩せてきます。置き換えダイエットみたいなものですから、そういった意味では飲むだけでやせる効果はあります。

糖質制限の記事にも書きましたが、コカ・コーラ(350ml)には角砂糖10個分の糖質が入っています。それをカロリー0のお茶に置き換えれば必然的に1、2kgは体重が落ちてくるというわけです。

炭水化物を減らすダイエット方法は効果抜群!たった3日で痩せ始める即効性は必見!

最近はダイエット最大の敵として、悪名高き炭水化物。 糖質制限ダイエットの流行りを受けて、街の本屋へ行くと下記のような『炭水化物は人類を滅ぼす』『50歳からは炭水化物をやめなさい』のような過激タイトルの ...

続きを見る

んじゃ「水でもいいじゃん」って話になりますが、味のない水は飽きてきますし、なによりも脂肪燃焼を促すカテキンなどの成分が入っていません。やっぱし、ここは緑茶です。

コーヒー緑茶ダイエットとは?

そして、その緑茶とコーヒーのいいところを合体させて、「飲むだけで簡単に痩せる」として話題なのが、コーヒー緑茶ダイエットです。コーヒーと緑茶を割って飲むだけのダイエット方法です。

ダイエットを専門とする内科の医師がこの方法を考案したそうで、これを試した100人以上の患者さんが効果を実感しています。その患者さんたちは1ヵ月で平均6.2キロも痩せたということです。

減量の専門医が開発した「緑茶コーヒー」のダイエット効果がすごい

「食事制限や特別な運動をしているわけでもないのに、この方法で患者さんの体重が1カ月間で平均6.2キロ減になっているんです」

こう話すのは、工藤内科(福岡県)で減量外来ドクターをしている工藤孝文先生だ。工藤先生が考案した「緑茶コーヒーダイエット」で、患者さんがみるみる減量に成功しているのだという。しかも特別なことはせずに、ふだんの生活をしながらというから驚きだ。

「緑茶コーヒーダイエット」とは、緑茶とコーヒーを1:1で割ったものを、毎食前に1杯飲むだけ。工藤先生が研修医だったころに、緑茶とコーヒー、それぞれの健康に影響を及ぼすエビデンスが出始めたことが、この組み合わせを思いついたきっかけだったという。

引用:女性自身

緑茶コーヒーの飲み方

コーヒーと緑茶を「1:1」で割って、食前に1杯飲むだけでOKです。それだけで「平均で6.2kg」も痩せたっていうんですから驚きです。

本を出したりTV出演も多い内科のお医者さんが言ってることですし、何よりも安い価格で実践できます。ものは試しでやってみてもいいんじゃないでしょうか。

ただ味が怖いです。絶対にマズそうです。コーヒーと緑茶の両方が好きな私でも、さすがにこれはヤバいだろうと思ってました。

で、実際に飲んでみましたが、これが以外にいけます。飲みやすくて”ゴクゴク”飲めるレベルです。味は麦茶か玄米茶っぽいです。

驚いたことに、飲みやすい。ブラックコーヒーだと濃すぎると感じる味が、緑茶を入れることでスッキリした味になる。

引用:女性自身

➾緑茶コーヒーダイエットの詳細はコチラ

茶カテキンは瘦せた体を維持するのにも有効

ダイエットが成功して理想的な体型をキープしていくためには、何らかのダイエットアプローチを継続する必要があります。

リバウンドなしに瘦せた体型を継続させる上で要となるのが、心と体に負担をかけないことです。

食べたいもんを食べない「食事制限」なんて年中やってたらストレスが溜まりまくりです。

有酸素運動のウォーキングやジョギングを続けるにしても、中高年の方には足首やヒザに負担がかかりますので、そうそう長く続けられるもんじゃないです。

高齢者の中にはウォーキングのやり過ぎで足を痛め、そこから外出する機会が”ガクン”と減ってしまい、より不健康になってしまうという人が増えているそうです。

いくらウォーキングが健康にいいからってやり過ぎると本末転倒になります。

体になんの負担もなし

心身ともに負担がからないという点でいえは、緑茶を用いたダイエットが最適です。緑茶は日本人にとって馴染み深い飲み物です。飲めないという方はほとんどいないですし、世代を問わず飲まれています。人体への負担を心配する必要もありません。

健康成分の茶カテキンとポリフェノール

緑茶ダイエットは、緑茶に含有されている有効成分を意識的に摂取して、ダイエットに役立てるという方法ですが、ダイエットと特に深く関係しているのが「カテキン」と「カフェイン」です。

カテキンは緑茶を口に含んだ際に感じられる渋みを生み出している「ポリフェノール」の一種の成分であり、高い「殺菌作用」と「抗酸化作用」をもち合わせています。

元来カテキンは健康に良い影響をもたらすとして重宝されてきましたが、昨今行われた研究により蓄積している頑固な脂肪分を分解させられるうえに、燃焼させやすい状態にする効能を有している事が判明しました。

肥満予防

一定量のカテキンを摂取し続けると、肝臓での脂質代謝が高まり、エネルギー消費が高まるため、体脂肪が減少します。またカテキンを継続的に摂取し続けると、食事性脂肪の燃焼を上昇させ、食事誘発性体熱産生も上昇させます。食事誘発性体熱産生とは食事後の消化、吸収によって消費エネルギーのことです。消費エネルギーは基礎代謝、身体活動代謝、食事誘発体熱産生の3つがありますが、そのうち食事誘発体熱産生は消費エネルギー約10~15%です。内臓脂肪が多い人ほど、食事誘発体熱産生が低いので、カテキンの摂取により、消費エネルギーが増加し、肥満予防に役立ちます。

公益財団法人長寿科学振興財団

最近は伊藤園からカテキン烏龍茶なるものまでもが発売されています。

緑茶のカフェイン

同様に「カフェイン」も脂肪分を分解させて脂肪を燃焼させる効能を持っています。カフェインと言えばコーヒーをイメージします。カフェインにはちょっとしたマイナスイメージもありますが、ほとんどが都市伝説的なものです。

適量を接種する分には悪影響はないと言われています。適度の量ならば体にいいという情報もあります。

カフェインの過剰摂取はダメですけども、そもそも緑茶に含まれているカフェインは身体に優しいレベルですので、身体に負担をかけたり過度に神経を過敏にさせる事なくカフェインの成分が摂れます。

こうした有効成分を摂取するためには緑茶を飲むという簡単なアプローチのみで済みます。通常通りノドを潤したい時や食事のお供として口にしても構わないものの、ダイエットへの効能を最大限引き出したいのなら飲むタイミングと飲む量を意識してみましょう。

緑茶を飲むタイミング

緑茶コーヒーは食前に飲むのですが、緑茶だけを飲む場合のタイミングとして最適なのは食後です。その理由として人間は食事をし始めると血糖値が著しく上昇していく仕組みと関係しています。

しかも、血糖値の上昇率が急速である程、摂取した食事のカロリーが体内に脂肪分として蓄積しやすくなってしまいます。

そこで、食後に緑茶を飲むタイミングを習慣付けます。緑茶に含有されているカテキンが血糖値の高まりを穏やかにしてくれますので、脂肪分が蓄積されにくい「体内環境」を作り出せます。

そして、ジョギングなど有酸素運動にも取り組んでいる方は、運動を開始する前にも飲むタイミングを確保しておいてください。

また、カテキンを摂取し続けることで運動時の脂肪燃焼量が増えると言われています。緑茶の有効成分によって新陳代謝が向上するため、通常時よりも効率的に脂肪燃焼が期待できます。

緑茶を飲む量

緑茶を飲む量は1日あたり湯のみで10杯を目安にしておくと、1日に要する500mgのカテキンが摂取できる計算です。冒頭でも説明させてもらいましたが、一部の人は緑茶を飲むだけ痩せませす。

しかし、そうじゃない人でも瘦せやすくする補助的な役割を十分果たしてくれます。

「緑茶+有酸素運動」を組み合わせることも面倒くさいというズボラさんは、緑茶コーヒーダイエットという奥の手を使ってみましょう。

コスパ最強のダイエットサプリ

緑茶はペットボトル(500ml)150円のを買って普通の湯呑みに注ぐと5杯分できます。「1杯あたり約30円」です。

これを100gで1000円のお茶っ葉を使って、急須に10g入れて2番茶まで使うと湯呑み10杯分になります。1杯あたり約10円です。激安です。

緑茶を「ダイエット補助食品」として考えれば、こんなに安いダイエットサプリは聞いたことありません。

高級茶と抹茶

自分自身もお茶は毎日飲んでいるのですが、たまに3,000円ぐらいの高級茶を思い切って買うこともあります。年末は奮発して金粉入りの緑茶を正月用に買っちゃいました。

また冬になると「抹茶」も”シャカシャカ”やって点ててます。

茶香炉のアロマテラピー効果は絶大

そして普段から部屋で「茶香炉」を焚いて筋トレをやっとります。茶香炉で緑茶の葉っぱを炙りますと、1分も経てば香ばしくていい~香りがしてきます。お茶屋さんの前を通り過ぎると香ばしい香りが漂ってくるあのニオイです。

消臭効果もハンパない

茶香炉には癒しの「リラクゼーション効果」にくわえ「消臭効果」まであります。

部屋中にいい香りに充満して気分がリラックスできるのは元より、消臭効果が凄くて焼き魚のニオイなんかあっという間に消えちゃいます。緑茶のカテキンには市販の消臭剤に引けをとらないほどの消臭効果があるとのことです。

ほうじ茶の焙煎

伊藤久右衛門 お歳暮 お茶 宇治ほうじ茶 一番茶 茶葉 宝かおり 100g袋入り

茶香炉で焚いた茶葉はほうじ茶としてそのまま飲むことができます。お茶っ葉を高温加熱することでほうじ茶になります。

茶葉を焙煎する過程では「ピラジン類」、「ピロール類」および「フラン類」が生成されることが知られています。これらの成分がイヤなにおいを抑え、気分を落ち着かせてくれるということです。

常滑焼の急須と湯呑みセット

写真の急須と湯呑みは去年(平成30年)の誕生日に友達2人から頂きました。この急須で毎日「ほうじ茶」か「緑茶」を飲んでいます。プレゼントしてもらった急須&湯呑みは「常滑焼」のものです。

歴史ある伝統工芸の常滑焼

常滑焼と言えば急須だと言われているぐらいです。その常滑焼とは愛知県常滑市を中心に「知多半島地域内」で焼かれる焼き物のことです。

なんと「平安時代末期」から穴窯が築かれ、茶碗や壺などが作られていたそうです。

昭和51年に常滑市の伝統的工芸品として産地指定を受けています。そして平成29年には「日本六古窯」のひとつとして、常滑焼が日本遺産に認定されました。

常滑市

常滑市は愛知県の南部にある知多半島西岸の中央部に位置し、愛知県名古屋市の中心部から南へ約35km、伊勢湾に面しており、沖合から1.5kmの海上には「中部国際空港セントレア」を有しています。

とこにゃん

焼き物と海と空港の街として知られています。最近では「高さ308m」「幅6.3m」もある巨大招きねこの「とこにゃん」が写真撮影スポットとして人気です。名鉄「常滑駅」から徒歩10分で行ける距離にあります。

緑茶の健康効果

緑茶は世界的ブームになっているそうです。緑茶の効能パワーは海を越えてしまいました。緑茶といえば健康に良いという情報しか入ってきません。その身体に良い代表的な成分は、カテキンをはじめアミノ酸(テアニン)、ビタミン、サポニンです。これらの成分が体に良い影響を及ぼします。その効能は以下のとおりです。

  1. ダイエット効果
  2. 血中コレステロールの低下
  3. がん予防(胃がんや前立腺がんリスクの低下)
  4. 虫歯予防、抗菌作用
  5. 抗インフルエンザ作用
  6. 血圧を下げる効果
  7. 血糖値上昇を防ぐ
  8. 口臭予防
  9. 動脈硬化予防
  10. 疲労感や眠気解消
  11. 二日酔い防止
  12. 利尿作用
  13. 消臭効果
  14. 花粉症

これらの予防効果は一部です。

女性に限れば緑茶が胃がんを抑制するという結果が出たほか、イタリアでは前立腺がんへの効果、アメリカでは陰部のイボへのカテキン軟膏の効果が認められています。

もうなんでもありって感じになってきてます。

緑茶はこうした健康効果はさることながら、脂肪燃焼効果が高いということで、その有用性は認められているというのは説明したとおりです。

ですので、効果が疑わしい高いダイエットサプリを飲むよりは、コーヒー緑茶ダイエットを試してみるか、お手頃価格で健康にも良い緑茶を飲んでダイエットの効率を上げていきましょう。

緑茶は花粉症にもおすすめ

花粉症対策で有名なお茶といえば「甜茶」ですが、緑茶に含まれるカテキンにも花粉症のアレルギー症状を緩和する効果も期待されています。クスリのように即効性があるわけではありませんが、継続的に飲むことによってアレルギー症状が軽くなる可能性があります。

カテキンの効果・作用

アレルギーは、花粉や大豆、牛乳に含まれるアレルギーを引き起こす物質(アレルゲンと呼ばれる)が体の中にある抗体と反応することで、ヒスタミンなどの炎症性物質が放出され起こる炎症反応です。ラットやモルモットの実験において、カテキンにはヒスタミンの放出を抑制したりする働きがあることが報告され(*1)、ヒトではくしゃみやかゆみ、鼻づまりなどの症状を緩和する効果が確認されています(*2)。

日本カテキン学会



HMBマッスルプレス

-お茶ダイエット, フィットネス, 健康全般

Copyright© 本当に効果があるダイエット成功情報 , 2020 All Rights Reserved.